一度は相手の話は受け止めよう!

私たち株式会社IBJに所属する結婚相談所の加盟店は、定期的にセミナーを受けて、会員の皆さまに
良質なサポートが行えるように努めています。


そのセミナーで出会った別の結婚相談所の男性会員の話なのですが、容姿もスペックも申し分ないのに、
なかなかお見合いがうまくいかないとのこと。

原因は会話にあるらしく、その加盟店の方によれば「すぐ相手の話を否定してしまう」ということでした。
どうやら会話が成立していないことが原因のようです。

よくビジネスでも、「イエス・バット法」というのを聞くことはありませんか?

「確かにお値段はお高めかと思われます。しかし、これだけの性能というのは他には
ございません」

と、上記の例も、まずは相手の意見を受け止めてから「しかし(=バット)」で繋げて自分の意見を述べる
方法ですね。もしくは、「イエス・アンド法」はどうでしょう。

「確かに性能の分お高めの価格になっています。それでしたら、同じシリーズでこちら
の商品はいかがでしょうか」

と、「しかし」ではない迎合的な言葉(=アンド)で受け入れてしまう方法です。
こちらでしたらイエス・バット法よりよりソフトな印象を与えられ、相手にも受け入れやすくなると
言われます。
いずれにしても「ちっとも高くないじゃないですか!」などといきなりお客様の意見を否定してしまう
ようなビジネスマンはいないですね。

こうした話法はプライベートでも同じことです。

女性「映画はお好きですか?」
男性「あまり好きじゃないんですよね」


これでは、この先の会話が発展しないです。
質問に対する答えをイエス・バット法やイエス・アンド法を用いて返答するのはちょっと難しいですが、
相手の問いかけをバッサリと否定しないとすれば、こんな感じになります。

女性「映画はお好きですか?」
男性「映画、行きたいんですけどね。でも、ひとりだとなかなか映画館に行こうと思えなくて、

   結局テレビの放送を待ってしまうんです」

女性「映画はお好きですか?」
男性「最近は殆ど観る機会がないのですよ。それでも、今上映中のあの作品は面白そうだと

   思っているんです」

どうですか。その後で

「あなたはよく映画を観に行くんですか?」

と質問形式で話したいと思われることを促してあげる。ちょっとした工夫を取り入れるだけで、この後の
会話が進みそうではないですか?

いずれにせよ、話を振ってきた相手を「受け止める(=イエス)」という配慮というは欠いてはいけません。
相手が振ってきた話題=相手が話したい話題だと気づければ、聞き役に徹してしまえばいいのです。

女性「映画はお好きですか?」
男性「随分映画って観てないように思います、機会がなくて。あなたは映画が好きなんですか」

  「どんな映画が好きなんですか」「最近何か観ましたか」

こんな具合です。

そこに相づちだとか「その俳優、テレビドラマにも結構出演されていますよね」「原作はコミックですか?」と
少しだけでも知っていることや聞きかじっていることを交えて相手の話をもっと引き出せればいいのです。
そして、次にまたお会いしたいと思える相手でしたら「よかったら、今度一緒に映画を観に行ってみませんか」と
提案してみることを忘れないようにしましょう。

そして、婚活は「今が一番、若い」 をいつも意識して行動しましょう。
女神に後ろ髪はありません。

婚活でお悩みごとがありましたら、下記まで連絡をお願いします。全力で相談をお受けします。

【お問い合わせ先】  
Mobile:090-8507-8252 
e-mail:info@sensale.jp 

#婚活 
#結婚 
#結婚相談所 
#お見合い 
#出会い 
#ヒアリング 
#婚活戦略 
#結婚相談所連盟 
#IBJ
#仲人 
#幸せな結婚 
#アラフォー 
#アラフィフ 
#アラサー 
#独身 
#独身アラフォー 
#独身アラカン 
#独身アラサー 
#結婚相談所で婚活 
#会員を大切に 
#婚活お悩み 
#婚活疲れ 
#婚活パーティ 
#マッチングアプリ 
#マッチングサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です